エネルギー管理ソフトウェア – SAP Energy Managementソフトウェア2018 – トップテン

SAPの環境、健康、安全(EHS)ソフトウェアは、業務遂行の安全性を向上させ、過去のエネルギー消費から学び、ビジネスに起因する環境へのリスクを評価することにより、さまざまな形でお客様のビジネスに役立ちます。このシステムの主な機能の1つは、生産または設備によって引き起こされた汚染物質の排出を監視および報告する機能です。ソフトウェアでは、エネルギー消費量と排出量を比較可能な企業と比較することもできます。データ交換も可能で、同社は豊富なサポートを提供しています。

多くのエネルギー管理システム(EMS)は、使用しているエネルギーの量を評価するのに役立つように設計されています。このソフトウェアは、排出量の分析と報告だけでなく、会社の健康と安全の向上に役立つ情報を提供します。また、会社内で変更を実行するために使用できるテンプレートを提供し、変更が行われたたびにそれを監視することができます。

このEMSは、お客様の機器やその他の事業分野に起因する汚染物質の排出と排出を監視し報告します。また、コンフリクトマテリアルを使用する電装部品に関する規制を遵守し、クラウドベースのソリューションによってこの情報を把握するのに役立ちます。これにより、政府の報告要件を満たすのに役立ちます。また、許可を文書化して評価することもできます。政府または顧客が排出量を満たし、要件を満たしていることを証明する必要がある場合、このソフトウェアはクラウドベースのソフトウェアを介してパートナーとコンプライアンスデータを交換できるため、情報をすぐに利用できます。

SAPのエネルギー管理システムは、ビジネスのベンチマーク機能を評価して、自分のような他のビジネスと比較して評価して、従業員と環境の健康と安全に及ぼす製品の影響を判断できるようにします。あなたの会社がどのように比較されているかを知ることで、問題に取り組み、排出量とエネルギー消費を削減することができます。

SAPは、ソフトウェアを購入するすべての人にユーザートレーニングを提供します。さらに、プログラムを最大限に活用できるよう、15,000人以上の訓練を受けたコンサルタントを擁しています。フリーダイヤル、電子メール、オンラインチャットを通じてプロフェッショナルサポートを受けることができます。

このEMSは、エネルギー消費と排出量の決定に役立ちます。あなたは、あなたのビジネスの環境、安全、健康に関する情報を監視して入手し、そのデータを運営機関や顧客と共有することができます。また、ソフトウェアの理解に役立つサポートとユーザートレーニングを受けることができます。