同軸ケーブル – HosaTech

Hosa Technologyは、プレミアムケーブルとアダプター製品を製造しています。ホサは、主に音楽指向の消費者層に対応しています。同社はまた、放送、劇場、プロオーディオ・ビデオの専門家が使用する製品を製作している。ホーザの同軸ケーブルのラインは決してサブパールではありません。しかし、一括注文オプションと、主に接続ソリューションの宛先として請求する会社から独自の同軸ケーブルを作成するためのツールがいくつかあります。

概要

私たちが感じるホサ同軸の最初のことは、同軸ケーブルに金メッキ端子または金メッキ端子が付いていることです。しかし、F型コネクタ用の金メッキ端子は提供していないことを指摘しておきます。金色の端末は、より安全な接続と低い信号損失を含むいくつかの利点を提供します。また、デバイス間の信号を伝える端子や銅線の腐食を防ぐのに役立ちます。これはケーブルの長寿命を保証するだけでなく、一生を通して品質のシグナルが得られることを確実にします。

Hosaが高い評価を得ている分野の1つは、同社がFタイプとBNC同軸ケーブルの両方を提供していることです。異なる機能を実行するために異なるタイプの同軸ケーブルが必要なため、これらの競合する同軸キャビネットの区別は重要です。 Fタイプの同軸ケーブルは、テレビやケーブルモデムのようなデバイスをデータソースに接続する最も一般的なデバイスです。 BNCコネクタはもう少し複雑で、主にラジオ、産業用オーディオ、航空機機器を扱う機器で使用されています。

ホーサは、プリカット長のオプションを豊富に用意しています。ウェブサイトの製品ページには、特定のニーズに合った正確な同軸ケーブルを選択できるコンフィギュレータがあります。コンフィギュレータでは、必要な端末のタイプを選択できます。使用可能なオプションには、Fタイプ、BNC、およびそれほど使用されていないRNCがあります。コンフィギュレータの優れた点は、一方の端にFタイプのターミナルを、もう一方の端にBNCのターミナルを持つケーブルを設計できるということです。

必要なケーブルのタイプを選択すると、設定ツールで使用できるすべての長さオプションが表示されます。 3,5,7,10,15,20,25,50,100フィートのケーブルを手に入れることができます。残念ながら、Hosaはバルクケーブルを購入できる仕組みを提供していません。さらに、当社はクリンピング、ストリップ、または切断工具を提供していません。同軸ケーブルのカスタム長さを作成することは、特定のニーズを持つ多くの専門家にとって重要であり、Hosaはこれらの専門家に対応していません。

Hosaは同軸ケーブルの品質について強く感じており、同社はケーブルの寿命を延ばすことでそれを示しています。同軸ケーブルはめったに故障しないため、保証を提供することはまず第一に象徴的なジェスチャーの一種です。生涯保証は、Hosaが品質に徹底していることを示しています。何か問題が生じた場合は、あなたがカバーします。

最終的な分析では、ホサは良い製品を作り、その背後に立つ。同社では、独自のケーブルを作成したいお客様に、バルクオプションとツールを提供したいと考えています。それ以外に、同社は同軸ケーブルの購入を検討する価値があります。