DIYビジネスプラン – Business PlanMaker DIYビジネスプラン2018 – Top Tens

最初からビジネスプランを書くことは大変な作業であり、間違いのリスクを増大させます。個々のソフトウェアのBusiness PlanMakerを使用すると、1,000個のサンプルプランとインタビューウィザードを利用してプラン作成の手間を軽減できます。ソフトウェアには財務予測と基本的なエラーチェックが含まれており、計画が投資家の目のために準備されていることを確認します。

あなた自身のビジネスを開始するときに、投資家があなたの努力に資金を提供する機会を増やすために、投球に何を含めるべきか疑問に思うかもしれません。資金調達を求める起業家に役立つBusiness PlanMakerの1つのコンポーネントは、文書作成プロセスの最後にエラーレビューです。ソフトウェアは基本的なチェックを実行して、欠けているセクションがないことを確認し、計画のエラーの可能性を通知します。

計画が完了すると、さまざまなタイプの投資家の好みに合うように、さまざまな形式でBusiness PlanMakerが発行するように求められます。ビジネスプランソフトウェアを使用すると、ドキュメントを印刷または電子メールで送信したり、WordやExcelにエクスポートしてさらにカスタマイズすることができます。投資家が互換性のあるバージョンを持っていないと、Word文書を介して電子メールやWebを共有することができないため、プレゼンテーション全体をPDFとしてエクスポートすることもできます。

Business PlanMakerを使用してDIYビジネスプランを公開する準備をする際には、インタビュースタイルのプロセスを経て、プランの各コンポーネントに必要なデータがソフトウェアによって指示されます。ビジネスプランニングに精通している人はプロセスを煩雑にするかもしれませんが、ウィザードでは新しいビジネスオーナーが正確なドキュメントを作成しやすくなります。インタビューウィザードでは、新規または中間のビジネスプラン作成者に役立つアドバイスやヒントも提供しています。

空白を埋めるビジネスプランフォーマットを提供する代わりに、Business PlanMakerは答えを完全なドキュメントに変換します。これにより制限が生じる可能性がありますが、カスタマイズするために文書をWordにエクスポートできるという事実は、特定の言葉に縛られる心配を軽減します。

このソフトウェアに加えて、起業家のための図書館にアクセスして、起業を開始するためのビジネス構造、業界動向、追加リソースに関するアドバイスを提供します。 Business PlanMakerは、これまでビジネスプランを書いていない人にとっては良い選択です。知識豊富なビジネスオーナーでさえ、ウィザードスタイルのプログラミングを気にしなければ、ここで価値を見出すことができます。